amihsim’s blog(amihsimの歳時記)

韓国語学習のつぶやきと日常の記録

今週の本 209



新羅殊異伝    東洋文庫  平凡社



散逸した朝鮮説話集とある

脱解、迎烏・細烏、阿道、円光、虎願、宝開、善徳王など

むかし慶州で買ってきて読んだ小学生高学年のための新羅物語に

出ていた物語がほとんどでした

しかし、あらためて日本語版で読んでみると

朝鮮半島との縁は切っても切れないのだなと思います

新羅の善徳女王が寺を建てるとき

技術者は百済から連れてきたとのこと

百済の文化水準がいかに高かったかを物語っているようです