amihsim’s blog(amihsimの歳時記)

韓国語学習のつぶやきと日常の記録

風は西から

孫が通っている西小の学校だよりです

毎回読んでいますが特に今回の文章は心に響きます

心に火をつけるというタイトルで

アメリカの作家、牧師、教師として活躍したウィリアム・アーサー・ウォードの

言葉を紹介しながら教師として、親としての心構えを書いています

このような先生に教えを受けることが出来ることは幸せですね

校長先生の意欲がにじみ出ています

・普通の教師は子供に指示をする

・良い教師は子供に説明する

・優れた教師は子どもに自らやってみせる

・偉大な教師は子どもに火をつける

教師の部分を親に置き換えると子育てにも役立つとあります

素晴らしい

子育てはとっくに卒業しましたが反省しきりです